S
H
O
P

THC成分について

CBDが良いというこについては、これまでのログでなんとなく理解して頂いたのではないでしょうか。

CBDについて説明すると、どうしてTHCについての話題が出てきますが、今回は、このTHCについて簡単にご説明いたします。

THCとは、テトラヒドロカンナビノール(tetrahydrocannabinol)のことです。

THCは、大麻由来の成分として抽出されるカンナビノイドの1種として有名で精神活性作用を強く生み出すことから欧米では嗜好目的や医療目的で使用されております。

日本の場合は、以前のログで記載しましたとおり、大麻草の葉や花穂から取れる成分は大麻取締法に抵触するので違法となります。

THCは、他のカンナビノイドと違ってTHCにのみ効果がある人をハイにさせるような向精神作用があり、その効果は「陶酔・緊張緩和・不安感の除去・睡眠導入・食欲覚醒・鎮痛・筋弛緩」がありますが、劇的に精神的作用が強いことから「マリファナ」の主要成分にもなっていることから、日本では大麻取締法により大麻草の葉や花穂もしくはこれらから作られる製品を「所持」することは厳格に規制されており違法となります。

CBDは違法ではありませんが、THCを所持していると違法となります。

しかしながら、最近の厚労省の発表から、CBD製品の有名なメーカーですら微量ながらTHCの成分が検出されたとの報告が掲示されております。

どうして、そういう事になるのかにつきましては、次号のログで説明いたします。