S
H
O
P

CBDの種類と合法性・安全性

さまざまなCBD製品が市場に登場し、それぞれ異なる製法と特性を持っています。CBDは、その製法に応じて主に3つのタイプに分類されます。ここでは、それぞれのCBDタイプの合法性と安全性について詳しく説明します。

【フルスペクトラムCBD】

フルスペクトラムCBDは、ヘンプやカンナビス(大麻)の植物から抽出されたCBD製品です。特徴的なのは、このCBDにはヘンプやカンナビスに含まれるすべての成分が含まれていることです。これには、THC(テトラヒドロカンナビノール)も含まれており、したがって、日本では合法ではありません。日本国内でフルスペクトラムCBD製品を所持することは法律で禁止されています。

【ブロードスペクトラムCBD】

ブロードスペクトラムCBDは、フルスペクトラムCBDからTHCが取り除かれたものです。この製品はCBD以外の成分を保持しながらも、THCを除去するため、日本国内では合法的に入手可能です。ヘンプやカンナビスにはさまざまなカンナビノイドが含まれており、これらの成分を一緒に摂取することで相乗効果が期待されると言われております。しかし、成分分析のDATAがないカンナビノイドも含まれている可能性があるので、その成分については注意が必要です。

【アイソレートCBD】

アイソレートCBDは、CBD以外の成分を完全に取り除いてCBDを単独で抽出する製法に基づいています。これはCBDの純度が非常に高い製品であり、THCを含まないため、日本国内でも合法的に購入できます。アイソレートCBDは結晶化した高純度の粉末状で、無臭なため、飲み物や食品に簡単に混ぜて摂取できる利点があります。また、アスリートなどにも広く利用され、ドーピング規則に違反しませんので、安心して使用できます。

【まとめ】

CBDタイプにはそれぞれ異なる特性があり、合法性と安全性に関しても違いがあります。日本国内では、フルスペクトラムCBDは違法であるため避けるべきですが、ブロードスペクトラムCBDとアイソレートCBDは安全かつ合法的に入手できる製品として人気があります。その中でもアイソレートCBDが一番安心して使用できるのではないでしょうか。

CBD製品を選ぶ際には、自身のニーズと法的規制を考慮し、適切な選択をすることが重要です。

Oz JAPANが提供するCBDアイソレートは、その純度が世界最高クオリティで安心してお使い頂けますので、ぜひお試し下さい。