S
H
O
P

CBDの安全性: 自然なケアへの信頼

CBD(カンナビジオール)は、自然由来の成分として、健康とウェルネスにおける安全な選択肢として注目されています。大麻草から抽出されるこの物質は、THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、ハイになるような効果はありません。実際、CBDは、てんかん、不安症、統合失調症、うつ病などの多くの疾患や症状に対して効果があることが科学的に認められています。

1988年、フランシス・L・ヤング判事は、大麻の薬物分類変更を求める陳情に対し、マリファナ(大麻)が治療効果があり、安全に使用できる物質の一つであるとの裁定を下しました。2017年のレビューでは、CBDの安全性が確認され、さらにその範囲が拡大されました。同年、世界保健機関(WHO)の報告書でも、CBDは公衆衛生上の問題や濫用の危険性がなく、幅広い用量での忍容性が良好であるとされています。2011年のレビューでは、最大で1日1500ミリグラムまでのCBDを長期間摂取しても忍容性は良好であることが示されています。

CBDは、オピオイド依存症の薬への渇望や離脱症状を軽減させる可能性もあるとされています。これは、オピオイド系鎮痛薬の使用に対する代替治療法として注目されています。実際、多くの人が大麻とオピオイドを併用することで、オピオイドの用量を減らすか、完全に摂取をやめることができています。さらに、CBDは抗てんかん薬の効果を高め、抗てんかん薬の用量や不愉快な副作用を減らすことにも役立つことが知られています。

CBDの安全性に関する科学的見解は広く受け入れられており、天然の物質であるため毒性や依存性がなく、副作用も少ないことが特徴です。ただし、原料や抽出方法、製造過程によっては品質に差が生じる可能性があるため、質の高い製品の選択が重要です。

OzJAPANが提供するCBDアイソレートは、茎からのみ抽出しており、純度が99%以上で、その品質は世界最高クラスです。

#CBD #健康 #ウェルネス #天然 #安全 #アイソレート #純度99 #大麻 #THCフリー #不安症 #てんかん #統合失調症 #うつ病 #オピオイド依存症 #鎮痛薬 #自然治療 #メンタルヘルス #リラックス #日本 #健康ライフスタイル #オーガニック #ヘルシーライフ #ナチュラルケア #サプリメント #健康意識 #リフレッシュ #凪 #nagi #なぎ #ozjapan #oz