S
H
O
P

小児てんかん:CBDがもたらす光

CBD、またの名をカンナビジオール。この成分が医療界で特に注目を浴びるようになったのは、難治性てんかんをはじめとする発作性疾患に対して、画期的な結果を示したからです。そんなCBDに関する知識とその使用について、より深く掘り下げてみましょう。

発作性疾患は、その名の通り、突発的な発作が特徴で、特に小児においてその管理は困難です。多くの家族が、様々な薬の組み合わせや副作用との戦いを強いられています。中には、従来の医薬品では効果が見られない「難治性てんかん」と呼ばれるケースもあります。

そんな中、CBDがその効果を示し始めたのです。CBDに関する研究は1970年代にまで遡りますが、近年、特に注目を集めるようになったのは、シャーロット・フィギーという少女のケースがきっかけでした。彼女の治療に用いられたCBD製品「シャーロッツ・ウェブ」は、難治性てんかんに対するCBDの有効性を世に知らしめることとなりました。

CBDの使用に関する研究は、体重1キロあたり1日2〜5ミリグラムの用量から始まり、その結果、てんかん発作の頻度や強度が顕著に減少することが示されました。しかも、CBDの副作用は比較的軽微で、眠気や下痢、食欲の低下などが主です。

2013年のコロラド州での試験では、てんかん患者全員において発作頻度の低下が見られ、73%の被験者が発作の完全な、またはほぼ完全な消失を報告しました。これは、CBDのてんかんに対する有効性を示す強力な証拠となります。

CBDは、エンドカンナビノイド・システムの不全が発作の一因であるとする研究に基づき、その治療効果を発揮します。このシステムは、体内の平衡状態を維持する役割を持ち、CBDはこのシステムを調整することで、てんかん発作の管理に役立つのです。

しかし、てんかん患者がCBDを使用する際は、抗てんかん薬との薬物相互作用のリスクがあるため、必ず医師の指導のもとで行う必要があります。この点は、CBDを検討する際に最も重要な注意点の一つです。

エピディオレックスのようなCBD製品が医薬品として認可されたことは、CBDの医療分野での将来性を示すものです。今後もCBDに関する研究は進むことでしょう。その効果と可能性を、慎重に、しかし積極的に探求していくことが求められています。

#CBD#てんかん#シャーロッツウェブ#医療大麻#カンナビジオール#健康管理#自然治療#エピディオレックス#発作予防#健康情報#子どもの健康#難治性てんかん#CBD研究#医療改革#自然由来#健康生活#安全な治療#CBDオイル#代替医療#持続可能な医療#医療革新#てんかん治療#癒し#凪#nagi#なぎ#ozjapan#oz