S
H
O
P

CBDクッキーの作り方と焼き上げ温度:おいしさと効果を両立させるコツ

CBDを含むクッキーを焼く際には、正しい焼き上げ温度を守ることが、美味しさとCBDの効果を引き出すポイントです。この記事では、CBDクッキーの作り方と適切な焼き上げ温度について詳しくご紹介します。

【CBDクッキーの作り方】

***材料(約12個分)***

1.バター(1/2カップ、溶かして冷ます)

2.グラニュー糖(1/2カップ)

3.ブラウンシュガー(1/2カップ)

4.卵(1個)

5.バニラエッセンス(1茶匙)

6.小麦粉(2カップ)

7.ベーキングソーダ(1/2茶匙)

8.塩(1/4茶匙)

9.チョコレートチップやナッツ(お好みで)

10.CBDオイル(製品に記載された用量に従う)

***手順***

オーブンの予熱: オーブンを180°C(350°F)に予熱します。

バターと砂糖の混合

溶かしたバターをボウルに入れ、グラニュー糖とブラウンシュガーを加えてよく混ぜます。滑らかなクリーム状になるまで混ぜます。

卵とバニラエッセンスの追加

卵とバニラエッセンスを加え、よく混ぜ合わせます。

乾燥材の混合

別のボウルに小麦粉、ベーキングソーダ、塩を入れて混ぜ、バターの混合物に加えます。混ぜる際には、過度に混ぜないよう注意してください。

チョコレートチップやナッツの追加

お好みでチョコレートチップやナッツをクッキー生地に混ぜます。

CBDオイルの追加

CBDオイルを製品の指示に従って適切な量だけ加え、生地全体に均一に混ぜ合わせます。

クッキーシートに並べる

クッキーシートを敷いたベーキングトレイに生地を小さなスプーンですくい、クッキーの形に整えます。

***焼く*** 

予熱したオーブンで約10〜12分焼きます。クッキーが軽く茶色になり、周囲が固まってきたら焼き上がりです。

冷ます

オーブンから取り出してクッキーシートの上で数分冷まし、その後ワイヤーラックに移して完全に冷まします。

適切な焼き上げ温度と効果の保持

CBDクッキーを焼く際には、適切な焼き上げ温度を守ることが大切です。CBDの分解温度は約160〜180°C(320〜356°F)の範囲にあり、この温度を超えるとCBDが分解し、効果や特性が変化する可能性があります。

焼き上げ温度を160°C(320°F)〜180°C(356°F)の範囲に設定し、適切な焼き加熱時間を守ることで、CBDの効果を保ちつつおいしいCBDクッキーを楽しむことができます。CBDオイルの用量や製品の指示にも留意し、個々の好みに合ったCBDクッキーを作り上げましょう。

美味しいクッキーを焼き上げながら、CBDの効果を実感する楽しい食体験をお楽しみください。

Oz JAPANが提供するCBDアイソレートは、その純度が世界最高クオリティで安心してお使い頂けますので、ぜひお試し下さい。

Image by Freepik